うさぎの熱中症 原因・症状・治療法・予防法まとめ

 熱中症の原因

うさぎの熱中症は人間と同様で高い気温(室温)高い湿度脱水症状などが原因となり発症します。

たくましく生きている動物達にとって熱中症は無縁だと思われがちですが、犬、猫、うさぎ、その他多くの動物たちは人間よりも熱中症にかかりやすいと言われています!

人間は汗をかくことによって体温を調節することができますが、動物たちの多くは体に毛皮のコートをまとっているため皮膚から汗をかくことができません。

当然暑いからと言って毛皮を脱ぐこともできないですし、自分でエアコンを付けることもできませんよね(;´Д`A “

そのため、犬や猫などはパンティング(舌を出して唾液を蒸発させ、その気化熱により体温を下げる呼吸法)や肉球からの発汗により体温の調節をおこない日陰に避難します。

ですが、うさぎはパンティングをしません(-ω)

なぜしないのか!?それともできないのか!?理由はわかりませんが、下を出して息をしているうさぎを見たことがありません。

しかも足裏に肉球がないので肉球からの発汗もできません

そのため体温調節でもっとも重要な汗をかく場所がどこにもないのです!!

唯一耳からの放熱で体温調節をおこなうことができるのですが、耳から逃がせる熱量は微々たるものです/(⁺д⁺)

特にネザーランド・ドワーフなどの耳が小さいタイプのうさぎは逃げせる熱量がより少なくなってしまいます。

普段の呼吸や水分摂取でも熱を逃がすことができますが、やはり放熱は微々たるものです。

これらの理由からうさぎは、動物界の中でもトップクラスに体温調節が苦手な動物とされていて熱中症になりやすいと言われております。゚(PД`q*)゚。

 主な症状

うさぎが熱中症になってしまうと様々な症状がでます。

血管が充血するため耳が赤くなり、熱くなる

体を伸ばしてぐったりしている

呼吸が荒くなる

日頃の動作をしなくなる(毛づくろいやお座り)

大量のよだれが出る

衰弱して起き上がれない

食欲がなくなり、水分も取らなくなる

ひどくなると痙攣などの症状や意識障害、急速な血圧低下などによるショック症状などを起こし、最悪命を落としてしまう場合もあります。

応急処置をしても改善されない場合は、速やかに動物病院へ連れて行ってください(。・´д`・。)



 治療方法

熱中症と思われる症状が見られた時は、飼い主ができる治療から試みて下さい。(症状がひどい場合は即動物病院へ)

最優先されるのは体温を下げることです!涼しい場所へ移動し、水で濡らしたタオルなどでうさぎの全身をくるみ冷やしてあげて下さい。

ただし、急激に体温を下げてしまうと低体温症になってしまう危険性があります。氷水などの冷たすぎる水は使わないでください(゚д゚lll)

水分を取ってくれる状態なら新鮮な水や動物用の飲料を飲ませて下さい。

うまく飲めない時はシリンダー(注射器の本体)やスポイトを使って与えてみると飲んでくれるかもしれません。

応急処置で改善が見られ元気になっても安心してはいけません!数時間後に胃腸粘膜の障害や血尿、肝不全などを起こすこともあるそうです。

念のため動物病院へ連れていくことをおすすめ致します。

病院に向かう時は車の中をしっかり冷やした状態にしてから移動して下さい。

車以外で移動する際は、キャリーバックの中を保冷材などでしっかり冷やしてあげましょう。

この時、保冷剤が直接あたらないようにタオルやハンカチなどで包んであげて下さいね︶¯)

 

うさぎに痙攣や意識障害、ショック症状など明らかに異常な症状が出ている場合は速やかに動物病院へ連れて行って下さい。

ここまで重症化してしまうと飼い主ができることはほとんどありません。

できるだけ早く獣医さんに診てもらい適切な治療を受けて下さい/( x )

状況によって治療方法は異なると思いますが、点滴の投与などをおこなってもらえるそうです。

【料金相場】

治療の場合

点滴の投与で2000円~3000円前後が相場となります。



 予防方法

うさぎの熱中症を予防するために気をつけなければならないのが温度、湿度、水分補給です。

温度管理

室温が28℃を超えると熱中症にかかってしまう危険性が高くなります。

適温が18℃~24℃と言われているので、25℃を超えた時点で室温を気にし始めないといけませんね(°°)!!

ケージを置く場所も日の当たる場所は避け、日陰になっている場所に置く必要があります。

 

湿度管理

うさぎは湿気を嫌うので、湿度が60%を超え始めると体調を崩す原因になってしまいます。

湿度も50%以下をキープしてあげないといけませんね(´)

 

日本の夏は気温30℃超えが当たりまえ、梅雨時期は湿度70%以上が当たりまえです。

そんな環境下でうさぎを放置してしまうとすぐに熱中症になってしまいます。

室内の環境を快適に保つのにエアコンに勝るものはありません!人間の夏にエアコンが必須なように、うさぎの夏にもエアコンは必須です( •̀∀•́ )✧

日中の暑い時間帯だけでもいいので電気代を惜しまず!ケチらず!ふんだんに使って下さい!!

夜は日中よりも気温が下がるのでエアコンをつけっぱなしにする必要はありません。とはいえ、消してしまうと蒸し暑く感じてしまうと思います・・・(˘・з・˘)

そんな時はお手製の冷却グッズでケージ内の温度を下げてあげましょう♪

詳しい内容は下記記事に書かれていますので参考にしていただければと思います(*゚▽゚*)

うさぎは暑さに弱い!!冷却グッズと冷却機器で快適な環境

水分補給

人間と一緒で動物にも水分補給が大切です!毎日新鮮で冷たい水を与えて下さい。

気温の上昇とともに腐敗の進行具合も早まるので、夏場の水は特に傷みやすいです。

冷たい水の作り方や水の選び方など、うさぎの飲み水に関するアドバイスを書いた記事がありますので是非ご覧ください(o゚∀゚o)

うさぎの飲み物 水の鮮度と質がポイント

水分補給だけでなく、ブラッシングで余分な毛を取ってあげることも必要ですね。

うさぎがまとっている毛皮のコートを軽量化して涼しくしてあげて下さい(* * )

日本の夏はうさぎにとって過酷な環境です・・・少しでも過ごしやすい環境を作ってあげて下さいね٩()۶

 本日のおさらい

【うさぎの熱中症 原因・症状・治療法・予防法まとめ】はいかがでしたか?

私は「夏=熱中症」だと思っています!夏場の外はほんと危険地帯です(´=д=`)

最近では夏になるとテレビなどで注意を呼び掛ける回数が増えていますよね!

その影響もあって熱中症は認知度が高く気を付けている人も多いと思います。

それでも、毎年何万人もの方がかかってしまい最悪命を落としてしまう恐ろしい症状です。

 

人間よりも熱中症になりやすいうさぎは、命を落とす可能性がもっと高いです。

暑くても自分で対応することができず我慢するしかありません(тωт`)

我慢も限界を迎えれば倒れてしまいます・・・

仕事から帰ってきたらぐったりしているうさぎを見たくありませんよね。

日中家に誰もいない場合はエアコンをつけっぱなしにしていくことをおすすめ致します。

誰も見てやれない状況だからこそ、少しでも安全な環境を作ってあげることが必要です。

職場で「大丈夫かなぁ」なんて心配していたら仕事にも集中できませんしね(; )

エアコンの使用や様々な工夫をして過酷な夏を乗り切り、元気な状態で秋を迎えることができるといいですね+.(・∀・〃)

 お願いとご案内

【お願い】

名称に関しましては、獣医学的な分類はされていませんので獣医師さんによって呼び名が異なることがあります。

診察料や手術費用に関しましても病院により金額が異なる可能性がございますのでご了承ください(⁺д⁺)

 

【ご案内1】

なお、当ブログの固定ページに≪病気辞典≫を作りました。

(携帯だとブログの一番右上にある←この記号をタッチすると固定ページが見れます)

今後、病気に関する記事を一覧としてまとめていきますので、他に気になる病気がございましたら覗いてみてください(*¯︶¯*)

【ご案内2】

動物の医療費はとても高額です。あまりにも高額な医療費に驚愕してしまい手術を断念する方も少なくありません・・・とても悲しい決断ですよね。

でも、そうならないためにペット保険が存在します!!

資料請求は無料ですので、まずはペット保険を知ることからスタートしてみましょう。

それにしても、うさぎに対応している保険会社が2~3社しかないことに驚きでした!!犬や猫はたくさんあるんですけどね・・・

うさぎもまだまだ頑張らないといけませんね(•̀ω•)و* 

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする