うさぎは暑さに弱い!!冷却グッズと冷却機器で快適な環境

 うさぎのボディーをご覧下さい

私は暑いのがキライです!

そして、うさぎも暑いのがキライです!!

うさぎのボディーを見てください!モフモフですよね(*¯︶¯*)

あのモフモフボディーが夏場になると曲者なんです・・・

うさぎの快適温度は18~24度といわれております。

30度を軽く超える日本の夏では快適に程遠く、熱中症をおこす可能性もあるほど危険な環境になります(๑⁺д⁺๑)

夏バテで食欲がなくなり衰弱していくうさぎを見ていられませんよね・・・

梅雨から夏が終わるまでの時期は室内の温度管理を徹底してうさぎの過ごしやすい環境を作ってあげましょう(・∀・)b

では、うさぎの体の仕組み・冷却グッズと冷却機器・温度管理をする際の注意点などを書いていきたいと思います。

 うさぎの体の仕組み

お風呂上がり汗をかいたときなどに扇風機にあたるととても涼しく感じますよね(๑´ㅂ`๑)

これは体についている水分が気化して水蒸気になるときに、一緒に熱も奪うので涼しく感じるのです。

でも、うさぎには汗をかく機能が備わっておりません。゚(PД`q*)゚。

ゆえにうちわで扇いだり扇風機の風をかけても涼しいと感じることはないのです・・・

ただ、扇風機をかけることが無意味ってわけではありません!

換気しながら扇風機を使うことによって室内の熱気を飛ばし、室温を下げることができます。

うさぎに直接かけずに、室内の温度をさげるために扇風機を活用して下さいね(*゚∀゚*)

 冷却機器と冷却グッズ

夏場に欠かせない冷却機器と言えばエアコンです!!

スタートボタンを押すだけで簡単に素早く部屋の温度調節が出来てしまいます。

うさぎにとっても効果的な冷却方法なので是非エアコンをご活用ください(*>∀<*)

市販の冷却グッズ

ジェルマット大理石など様々な物が販売されていますが、我が家で使っているのはこちら!

小動物用のひんやりするアルミボードです(o ̄∀ ̄)

与えてすぐは使ってくれませんでしたが、徐々に使うようになり今ではアルミボードの上でしか寝ません(笑

簡単に作れるお手製の冷却グッズ

作り方は本当に簡単!!ペットボトルに水を入れて凍らせるだけです!!!!

凍った水をケージの上に置いてあげることでケージ内の温度が下がります。

ペットボトルだと冷蔵庫を占領してしまう場合や水を入れることすらめんどくさい人は100円ショップなどに売っている大きめの保冷剤をご使用ください(* ॑꒳ ॑* )

ただし、そのまま置いておくと結露して水分が垂れてしまうのでタオルで巻いたり、ケージの上にタオルを敷いてあげてくださいね。

 温度管理をする際の注意点

エアコンを使う際はウサギやケージに直接風が当たらないように風向きを調整して使って下さいヾ(・д・。)

それと、エアコンを使用すると電気代がかかります。

うさぎの為とは言え24時間つけっぱなしにしてしまうと翌月の請求が目をそむけたくなる金額に・・・(; ꒪ㅿ꒪)

家計のことも考えながら使用してくださいね。

中にはアルミボードなどの冷却グッズを受け付けないうさぎもいます。

警戒してストレスになってしまうようなら取り出してください。

せっかく使ってくれてもひっくり返してしまうこともあります٩(๑`^´๑)۶

そのままでは使えないので元の位置に戻してあげて下さい。

あと、ボードの上にうんちをすることもあります(๑˘・з・˘)

うさぎはうんちがあっても気にしません!平然と体で潰して汚れてしまいます(´-д-)-3

慣れてくればボードにうんちをすることもなくなるとは思いますが、見つけた時は早めに取ってあげて下さいね。

 本日のおさらい

【うさぎは暑さに弱い!!冷却グッズと冷却機器で快適な環境】はいかがでしたか?

人間が「あっちぃ~なぁ~」と感じた時、うさぎは人間以上に暑さを感じております(゚´Д`゚;)

うさぎは暑い中でも我慢して過ごすしかありません。

その我慢が限界を超えると体調を崩してしまいます。

そうならないためにも、室内の温度を快適な状態に整え過ごしやすい環境を作ってあげる必要がありますね/(ꈍ ◡ ꈍ)\

うさぎの温度管理で大切はことは、「うさぎを冷やすこと」ではなく室内の温度を下げてあげることです!!

理想的な温度調整はやはりエアコンですが、24時間つけっぱなしにできるほど日本の経済状況は優しくありません(゚д゚lll)

エアコンを消しているときは冷却グッズをうまく活用してケージ周辺の温度だけでも下げてあげて下さい。

人間にもうさぎにも暑すぎる日本の夏ですが、冷却グッズと冷却機器を駆使して乗り越えていきましょう(๑•̀ω•)و。*

最後までお読みいただきありがとうございます。ご一緒にこちらもいかがですか!?
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする