うさぎのごはんを入れる容器 素材の種類と特徴

 容器選びは素材がポイント

うさぎのごはん(牧草やペレット)を入れる容器はいろんな物が売られていて、陶器・木製・プラスチック・ステンレスなど様々な素材が使われています。

それぞれ用途が違うので一概にどれが良いとはいえませんが、うさぎの好みやケージのサイズなどを考慮したうえで選んでいただければと思います(*゚∀゚*)

素材によってはうさぎが受け付けてくれない可能性もあるので、ごはんを入れても食べてくれない場合は違う容器に変えて様子をみて下さい。

 陶器タイプ

見た目は普通の食器と変わらないものが多く主にペレット入れに使いますd(≧ω≦*)

形状は様々で丸形・長方形・四角形・深い物・浅い物などがあり、うさぎが食べやすいように手前だけが低くなっている容器なんかもあります。

うさぎはお皿をくわえて移動させたりひっくり返してしまう事があります!!

陶器タイプは重たい物が多いのでひっくり返される心配も少なくて安心ですね(•̀ω•)و

うさぎはキュートな見かけによらずマッスルな一面があるので、

「うぉおおおりゃーーーー٩(`н´)۶

とぶん投げます!ご注意下さい。

 木製タイプ

主にチモシーなどの牧草を入れるために使います(・∀・)b

縦型タイプ

ある程度の高さがある木枠で出来ていてケージに固定出来る物が主流です。

大量の牧草を突っ込んで置けるので頻繁に補充しなくていいのが利点です。

ただし、下の方に溜まってしまった牧草はかなり取りづらそう・・・

いや、むしろ取れませんね(˘・з・˘)

短い牧草やボロボロの細かい牧草などは下に溜まってしまうので定期的な掃除が必要です。

横型タイプ

低めの木枠で作られていて牧草を寝かせて入れられます。

縦型と違って牧草が取りやすいのでお残しせずに綺麗に食べられる所が良いですね。

でも、横型タイプは縦型より場所を取るのでケージ内に置くとなると狭くなってしまいます。

小さいケージには向いてないですね(´ω)



 プラスチック・ステンレスタイプ

ケージに固定できるタイプやフックで引っ掛けるタイプがあり、ペレットを入れるために使われることが多いですねd(*゚▽゚*)

お値段的にもお手ごろな物が多く、あまりお金をかけたくない場合はプラスチックやステンレスタイプがいいと思います。

欠点としては、どちらも軽いのでエサごとひっくり返されてしまう可能性があるところ・・・

しかも、プラスチックタイプはかじって食べてしまう可能性もあるので注意が必要です!!

 番外編

一体型タイプ

一体型はペレット皿と牧草を入れる容器が一緒になっているタイプです。

ペレット用と牧草用で容器を2つ買わずに済むので経済的ですね(*´罒`*)

一体型だから小さいとかはなく、牧草もたくさん入りますしペレットも適量を入れられます。

素材は木製やプラスチックが多く、ほとんどの物がゲージに固定できるタイプですね。

ただし、手前にペレット用の器がついているので子うさぎだと牧草を食べる際に身を乗り出す必要があり少し不便かもしれません(´=д=`)

ペレット用の器に足を入れて食べる可能性もあるので、ペレットが散らばってしまうかも・・・

藁で作られた牧草入れ

藁を編み込んで作った牧草入れもあります。

牧草を入れるだけでなく見た目も楽しめるオシャレな一品です(o゚∀゚o)

問題点は言うまでもなく食われてしまう事です(笑

使っていくうちにボロボロにされてしまうので頻繁に買い替える必要がありますね(・д・。)

 本日のおさらい

【うさぎのごはんを入れる容器 素材の種類と特徴】はいかがでしたか?

各素材の特徴を理解してもなかなか決まらず悩んでる方もいるはずです( x )

実際に私が購入した物を紹介しますので、悩めるあなたのアドバイスになればと思います。

私の場合は陶器タイプのお皿にペレットを入れて、木製の縦型タイプに牧草を入れています。

一体型もいいかなと悩んだのですが、子うさぎに使う物だったので食べやすさを重視してペレット用と牧草用の2つを購入しました。

プラスチックとステンレスは軽くてひっくり返されてしまう可能性があるので却下でしたね。

特にプラスチックは噛んで食べてしまっても困ります・・・

迷って決まらない場合は、陶器タイプか木製タイプが無難ですよ。

私も実際に使っていますが気になるような問題点は今のところありません(´)

最後までお読みいただきありがとうございます。ご一緒にこちらもいかがですか!?
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする